bon now

ありのままの現実を書き殴る吐き溜め。底辺SEの備忘録。
Written by bon who just a foolish IT Engineer.

PIAGGIO MP3 修理計画

Created Date: 2021/11/06 03:30
Updated Date: 2023/07/01 18:35

先月購入した中古バイク PIAGGIO MP3 だが、イタリア車あるあるのレベルでやはり故障していた(笑)
今回は故障箇所を特定しつつ、次のアクションをまとめていく。金かかるなー。

ちなみにこのバイク、中古なだけあって手元にマニュアルが一切ない。その上、前のオーナーがどの程度メンテナンスやカスタムしているかさっぱりわからないという状況である。
なのでこれからは調べたことやイジってありそうなところを色々見てメモがてらブログに残していこうと思っている。

エンジンチェックランプ(警告灯)の点灯

2022/5/20 更新
結論から言うとレギュレーター異常だった。そのため購入しておいた格安のレギュレーターに交換して対処した。
以下の記事を参考にしてほしい。
PIAGGIO MP3 レギュレーター交換

--
しばらく走っているとエンジンのチェックランプ(警告灯)が点灯する問題。
アイドリング時や走ったあとに信号停止しているときとかは点灯しないため、電圧かO2センサーあたりの異常というのが調べたところの感想。 とりあえずわからんのでO2センサーのカプラを抜いてエンジンをかけるとアイドリング状態でもチェックランプが点灯するようになった。その後つなげ直すともとに戻った。 外したままだとそもそも管理ができないためにランプは常時点灯する。つまりO2センサーを綺麗にするか新しいものに替えてみないとなんともわからんという状況。

海外通販サイトで標準準拠のO2センサー(海外ではLambda Sensorのほうが一般的っぽい)色々探しては見たものの、海外からの運送代とセンサーが同じ金額になるとかいうことになるため、eBayで送料無料で日本まで送ってくれるお店で購入。怪しいけど背に腹は代えられない。

もしO2でだめだったときのことを考慮しレギュレーションも代替品を探してみたところ、Amazonにあったのでそれを注文。
Bruce & Shark(ブルース・サメ) レギュレータ 整流器 アプリリア ピアッジオ ジレラ デルビ・ランブラ 用 バイク・オートバイ用
↑は商品が消滅していたが、この商品が同じものっぽい→https://www.amazon.co.jp/dp/B07P3J77H9

あとオイル交換もおすすめされたのでそれらも集めた。こっちはWebikeという老舗のバイク向け用品を取り扱っているECサイトで購入可能。



バッテリー劣化

エンジンのチェックランプが点灯する問題がバッテリー交換でなんとかなればいいなって思ったけどだめだった。
とりあえず、サルフェーションと言われる粉吹き状態が発生していたので劣化はしてるということは確かなのでとりあえず新品に交換することにした。

これもwebikeで購入可能。しかも元々ついていた古いバッテリーの無料引き取りもやってくれるのでとても便利。


ちなみに無料バッテリー回収は配送品と一緒に紙がついてくるもの従って手続きする感じなので、受け取ったその日に対応してくれるわけではない。もしかしたら配達してくれた人にお願いすればいけるかもしれない。

ロールロック不具合

ロールロックというのはMP3に備わっている前輪固定機能のこと。こいつのおかげでスタンドがなくても倒れないようになっている(3輪だからそもそも倒れないだろ?って思う人もいるだろうが、実際はそのままだと倒れる)

で、初期型のMP3はセンタースタンドを利用した駐車時にロールロックを使ったまま放置すると、センサーのコードが短いために壊れやすくなるという意味不明仕様らしく、私のMP3ももちろんエラーによって爆音でホーンが鳴り響くという状況に陥ってしまった。(この機能が壊れるとキーON時にクラクションが1秒間くらい5回鳴り響く仕様)
その後リセット機能(キーON時にロールロックを左に2回、右に1回→キーOFF)を利用して直ったものの、ハンドルのロックが甘くなってしまいロールロック中もハンドルがやたら左右に揺れるようになってしまった。元々そうだったのかもしれないけれど、それにしては揺れすぎなので恐ろしくてロールロックを使うことを今はやめている。

ちなみにセンタースタンドがカーブ時にちょっとバイクを横に倒した程度で削れるくらいの位置にあるのでめちゃくちゃ運転に気を遣う。スクーターなんだからそんなに倒すなってことなのかもしれない。 ただのパンクだった(笑)

まとめ

これくらいはおかしくなってるのがイタリアのバイクの中古車で発生する当たり前の光景。慣れてるけど、もう少し壊れてないバイクを引きたいくらいにはガチャ運がほしい。
イタリア車を中古で買いたいと思ってる人がもしいるのであれば、ガチャ運が良いときに買いましょう。

local_offer
folder life