bon now

ありのままの現実を書き殴る吐き溜め。底辺SEの備忘録。
Written by bon who just a foolish IT Engineer.

PHPは現役

Created Date: 2018/10/10 23:39
Updated Date: 2023/07/03 19:46
目次:

ちょっと前に「優秀なエンジニアもすなる副業なるものを、われもしてみんとてするなり」ということで、ランサーズとクラウドワークスに登録した。 でも、僕のスキルでは正直全然作業依頼を受け取る事のできるレベルのシステム開発案件が無いことに愕然とした。

ランサーズとクラウドワークスは、どちらもフリーランスがたくさんいて競争社会だ。 そんでもって、多くのシステム開発はPHPを使ったWebサイトの開発や、作業効率化ツール開発、デザインなどである。 たまーにDB関連だったりVBだったりExcelだったりするけど、まあ多くはPHPだ。
世の中のWebはまだまだまだまだだPHPで成り立っていると言っても過言ではないのではないだろうか。

あと、「自分のスキルじゃできっこない……」って怖気づいていたらいつまで経っても案件を獲得することはできないこともわかった。 これらのクラウドソーシングサービスに登録することは、確実に自分に対して挑戦を促すために有りだと思う。 とはいえ、自分に言い訳しながら「十分な時間が取れない……」みたいな状況だとクライアントにも迷惑なので、 自分の時間をきちんと作れるような仕事管理をできるようになってからのほうがいいかもしれない。

それと、Wantedlyで地元福岡の企業をチラチラ見てみたんだけど、 結構多くのWebフロントエンジニアの職の募集があることに気づいた。 そして企業のサイトをみると「Wordpressでお客さまのECサイトやWebサイトの構築を支援」とか、 「お客様の請負」だとか、なんか自社サービスがあるわけじゃなく単純に人手がほしいっていう募集が多いのだ。
これらから言えるのは、PHPエンジニアも人手不足であるということ。 なんかAIやIoTによってPythonやGoみたいな言語が流行っているという中で、 まだまだPHPやVBなどのいわゆるレガシーと言われているプログラミング言語も全く需要は無くなっていないことがわかった。 いや、知ってたんだけど改めて実感した、といったほうがよいか。

まとめ

PHPだけだと正直次のステップには進めないが、それで職に困ることはない。 逆にPHPができないと、フリーランスとしては活動の範囲が狭くなってしまうので、 PHPがどうしてもやりたくない場合は固定スキルを極めて自分の持っている武器を磨き上げることが重要かもしれない。

local_offer
php
folder work